近年の全て全自動でつくりだされる、食品に疑問を感じる当社では、
できるだけ手づくりで「お餅」を製造しております。
「煮ても溶けにくく、あまり出汁が濁らない」とご好評をいただく当社の「お餅」の秘密は、
こだわりの手づくり製法にあります!
蒸  し
昔ながら使用されている木の蒸篭にはお米を飽和させる特性があります。

その蒸篭でたくさんのお米を蒸すことによってふっくらつやっつやのお米に蒸しあがります。


捏 ね る
御影石のうすで丁寧に捏ねます。

御影石にはもち米にとって、丁度いい保温力と適度な水分を保つ効果があります。
このうすで捏ねることにより、よく伸び、煮ても溶けにくいもちが出来上がります。


搗  く
胴搗き(どうづき)でお餅を搗くことにより、のびのあるしっかりとしたお餅が搗き上がります。

胴搗き(どうづき)とは?
近年の餅搗き機はピストン運動で一定のところで杵が止まるようになっています。それに対して「胴搗き」は重い杵を重力で落として餅を搗ききる製法のことです。


の ば す
感触を確かめながら手作業でのばします
もちの出来は温度・湿度により大きく変わってきます。手で感触を確かめ、乾いたときのことを考慮しながらのばしていきます。

丸餅・鏡餅などはここで形を整え、ねかせて出来上がりです。


ね か す
一本一本を木の枠にはめこみ、2日間冷蔵庫にてねかせます。


切  る
創業当初より使用している歴史ある餅切りにて餅を切ります。
厚みや圧のかけかたなど、長年培った職人の目で微調整しながら切り分けます。




よくのび、煮ても溶けにくい良質な「お餅」へ

このようにして手間ひまかけてつくった「お餅」は
よくのび、煮ても溶けにくいおいしいお餅に仕上がります!
焼き餅、お雑煮、ぜんざい、お鍋、しゃぶしゃぶなど様々な料理に適しています。



当社の「お餅」は料亭など、味にこだわりをもったお店などにも納品しております。
是非一度、ご賞味ください!

 
   
Copyright (C) 2009 Kakutani Seika Co.,ltd. All rights reserved.
角谷製菓株式会社,藤兵衛,角谷,かくたに製菓,とうべえ,熟成,二度,焼き,かに,蟹,松葉がに,煎餅,せんべい,おこわ,お強,旬,お餅,おもち,手づくり,こだわり,厳選,素材,兵庫県,豊岡市,山陰,但馬,津居山,漁港,気比の浜,港,日和山,城崎温泉,金波楼,城崎マリンワールド,かに道楽,日本海